月でうさぎがヒトリゴト。

たぶん大体食べものの記録。

はぁ・・・。

割とガッツリ困ってます。
助教授が来てから、2年連続で退学希望者が出ました♪
去年の希望者であるM上さんは、後期休学して今年は生まれ変わったかのように激まじめに研究してますが。いや、っていうか、去年もちゃんとやってたんだけど、助教授に認めてもらえなかったっていうか。
今年のM野くんは…まあ…めっさ怒られるのも、本人が実験怠けてるわ、後輩たちに遊びの指導はするけどルールを教えられないわ、ってので、ちょっと同情できない部分もあるのですが…確かに先生も言い過ぎ…、とか、助教授、それを教授に告げ口するなよ!とか、あるので…学校やめたいって言われると、さみしいなぁ。もうマスター一年終わるところなのに。

(↓隠さなくてもいいんだけど、同期生以外には通じないつぶやきなので、とりあえず。)
私のなかで、彼のキャラってのは鱸センパイ(現在は某大学でドクターコース)と被っていて、子供時代はおとなしいコで、途中から“デビュー”しちゃって、だから人との距離がうまくつかめてないっつーか、まわりから浮いちゃう。明るくて、イベント事あると盛り上がって中心で動くし、人にも気を配るんだけど、だけど、友達は浅く広く。あなたの親友って誰?あなたが悩みを打ち明けられるのは誰?っていう雰囲気で。一旦凹むと、かなり引きずるんだろうなぁ、というのは感覚的に知ってた。
最初に辞めることを考え出したのは3ヶ月ぐらい前だって言う話だから、彼なりにずいぶん悩んだのだとは思うし、飲み会で4年の男の子たちにちょっと愚痴ったりはしてたみたいだけど、なんでそこでいきなり「退学」を選ぼうとするのか。M上さんみたいに「とりあえず休学」して、精神を落ち着けてから考えなおしてはだめなのか?もう既に後期の分の授業料は払っているわけで、今から来年度の始まりまで、やめても、休んでも、金銭的な負担は変わらない。第一、あのコは親(ご両親共に教育者)にこのハナシを出来る度胸、ナイと思う。他にやりたいことがあって、今の環境から抜け出した方が良い、というのなら、我々もちゃんと見送りましょう、でも、聞く所によると、今は、ただ、先生に会いたくない、と。先生は、あんだけ遊んでおいて、そこで怒られたから逃げるっつー風に解釈すると思うんだよね。それじゃ、来年からも同じことが繰り返されてしまうだろうから、まったくよろしくない。
まあ、っていうか、彼女に振られたのが最初の原因じゃないかとか色々。